1. ホーム
  2. しんせつお話
  3. しんせつ

しんせつ

彼の人は雪のように清らかで、儚く消えてしまいそうだから、触れることは叶わない。
臣下の身なれど、せめて一輪の花に想いを込めて。

本編

幼少時~元服まで
ひとりと"ふたり"と一柱
お姫様と神様と(月の行方の裏側で)
河青と誰か
ただ見守るだけ(空の在り処の裏側で)
真砂のお家騒動
そうして時は流れてく
時が流れて役職増えて(PAの裏側で)
子育て・親育て
やってきた『その日』
一つの終幕
夢見た未来
次代の子たち