1. ホーム
  2. 君でなくてはお話
  3. しんせつ
  4. 君でなくては
しんせつ

君でなくては

 並んでいると、どちらがどちらか分からない。
 まして、以前とはまとう色が変わってしまったゆえの混乱もある。
 慣れれば、見分けられるようになるとはいうが、そもそも慣れるほどによく会う相手でもない。
 そう訴える相手に鎮真はちょっと優越感を抱く。
 大抵、見分けられなかった相手は、直接本人確認をとれない場合はこうして鎮真を頼ってくる。
 数少ない『彼女たちを見分けられる相手』と見られていることが単純に嬉しい。

 いつのことだったか、そういった話をしたことがある。
「そんなに分かりにくいものかね」
 似ていることは否定せずに呟けば、『彼女』の直弟子は控えめに同意する。
「慣れしかないでしょう。あまり会わなければ、差を見つけること自体が難しいでしょうし」
 さらさらと書類に何かを書きつけつつ――つまりは仕事をつづけつつ答える彼。
 来客に対する態度ではないが、押しかけてきた顔見知り相手には鎮真もよくやることだ。
「師匠はいつも笑顔ですけど、お姉さんはいつもピリピリしてますよね」
 そんな、何気ない会話に驚かされた。

 大抵、彼女たちの話題になれば基準になるのは末の姫。
 当然だ。今まで表に出ていたのは――『生きている』の方が正しいかもしれない――彼女の方だから。
 それを驚くくらい、自分にとっての基準は彼の姫だと気付かされた。
 あの人とその姉。
 あの人の妹とあの人。
 同じ人を指しているにもかかわらず、この受け取り方の差。

「ここ、いいですか?」
 問いかければ、隠すことなくあからさまに嫌そうな顔。
「他にも席は空いています」
 つっけんどんに応える空。しかし鎮真はめげずに答えた。
「ここがいいんです」

貴女のそばがいいんです。そう口に出してみても返事はつれないもの。

お題提供元:[もの書きさんに80フレーズ] http://platinum.my-sv.net/