1. ホーム
  2. 鏡に映る姿お話
  3. しんせつ
  4. 鏡に映る姿
しんせつ

鏡に映る姿

 ふと目に入った姿に気が付いて空は足を止めた。
 年代物の大きな姿見。ピカピカに磨かれたそれに映った自らの鏡像。
 まっすぐ見返してくる姿は現そっくりで、でも違うとわかる。
 こうして、自分の姿を見ることは未だに慣れない。
 何せずっとずっと長い間、自分はこの世に未練強く留まっていた幽霊だったのだから。
 食事をする、眠るといったごく普通の欲求からもほど遠く、調子を崩しては怒られを繰り返してきた。
 鏡に近寄り、鏡面に掌を置く。
 当然だけど鏡に映った自分も同じ動作を取る。手の左右は逆だけど。
 なにか、気になる。
 こうして鏡に向かい合ったことはないのに。
 映された表情はどこか寂しげで――それで気づいた。この既視感に。
 時々、現は鏡を淋しそうに眺めていた。
 そこに何かが映っているかのように。
 まさか……その時から気づかれていた?
「どうかされました?」
 声とともに、鏡にもう一人の姿が映る。
 いつものにこやかな表情の妹。
 向かい合えば、まるで先ほどの鏡に映った自身を見ているかのよう。
「姉上?」
「ううん……なんでもないの」
 この世は現世(うつしよ)。そんな言葉を思い出した。
 泡沫の夢なら――虚像はわたしでいい。

元々いなかったんだから、いなくなるのは自分のほう。
自棄になってるわけではなく基本がそうな空。

お題提供元:[もの書きさんに80フレーズ] http://platinum.my-sv.net/