1. ホーム
  2. 095:海の青、空の蒼・013:二度と戻れない、その場所・039:散る花の如くお話
  3. しんせつ
  4. 095:海の青、空の蒼・013:二度と戻れない、その場所・039:散る花の如く
しんせつ

095:海の青、空の蒼

 地にはぽつぽつと顔を出す金貨。
 風の強さもだいぶ落ち着き、日差しも暖かい。
 平日の昼間だというのに公園の人影はそこそこ多かった。
 木々を見上げて、花を待つ人々の姿。
 春は別れと始まりの時期といったのは誰だったろうか?
「いいお天気ですね」
「そうですね。流石に花見には少し早かったようですけれど」
 ベンチに腰掛けて交わす会話は和やかなもの。
 PA、あるいは協会お仕着せの制服ではなく、私服で会うのはいつ以来だろう?
 彼女は和装を好んでいるので、もしかしなくても洋装姿は珍しい。
 淡い色のカーディガンにロングスカート。
 春らしい装いといえるが、新鮮に思えたのは確か。
 濃い色の服のほうが、彼女の白銀の髪を引き立てていたから。
 でもそれは――もう昔のこと。
 現姫の少し後ろで同じく空を見上げている青の姫。
 かつては違っていた髪の色が、今は同じ。
 あえて例えるなら、半分風景に透けている青の姫が『空』で、現姫が『海』の色といったところか。
 視線に気づいたのだろう。現が振り向いて笑った。
「咲夜さんはお元気ですか?」
「おかげさまで。茜たち総出で礼儀作法を教え込んでます。
 反発も予想より少なくて……泣き崩れた老臣もいましたよ、叔母上に生き写しだと」
「環境が変わりましたし、これから当分大変そうですね」
 違いないと鎮真は苦笑する。
 これから咲夜が生きる道は平坦ではない。
 『神の器』として、これまでは現姫が行ってきた地鎮を任されるようになる。
 国中を回ることが義務付けられる――もうしばらく猶予はあるが。

 あの冷たい日は……季節的にもそうだけれど、まさしく『冬』だった。
 ようやく春が来たなぁと、少し膨らみ始めた桜のつぼみを眺め、鎮真はしみじみと思った。

辛く苦しい冬を越え、ようやく春がやってくる。 09.08.19

013:二度と戻れない、その場所

 つぼみはどんどん膨らんで。桜が咲くまであと少し。
 窓に肘を乗せて、両足は行儀悪くぶらぶらとゆらしながら、咲夜は外の桜を眺めていた。
 故郷の桜は綺麗だけれど、大分昔に現が植えたというここの桜も見事なものだ。
 毎年大輪の花を咲かせている。
 ――『咲夜』は知らないことだけど。
「どうぞ。リンゴジュースはお好きですか?」
「わーい」
 氷のいっぱい入ったグラスに注がれたジュースをごくごくと飲む咲夜を見つつ、現は自分の冷茶のグラスを傾ける。
 今日は魔法協会での仕事があるからと鎮真が咲夜を預けてきた。
 あれ以来会っていないから様子を見たかったのは確かだし、二つ返事で請け負ったけれど。
 青かった髪はすっかり白くなって、分かっていてもちょっとぎょっとする。
 咲夜は元気そうに見える……けれど。
「こうして、話をするのは初めてですね。『壱』」
 そう呼びかければ、はじかれたように少女が振り返る。
 ぱちぱちと大きく瞬きをして、ふっと冷たい笑みを浮かべた。
「なんだ……分かってたんだ?」
「逆に聞きますけど、分からないと思ってたんですか?」
「……いや」
 少しふてくされたようにしてこくこくとジュースを飲む姿は咲夜そのもの。
 ああ、こっちが素なのかなと現は思った。
 もしかしたら、自分のせいかもしれないけれど、とも。
 強い風がカーテンを大きく揺らす。
 大分暖かくなってきたし、花が咲くのももうすぐだろう。

 『壱』と話が出来る――これは結構嬉しくて新鮮なことだった。
 でも寂しいのは、愛されていたから。きっとずっと、誰よりも。
 春は出会いと別れの季節。
 『壱』と別れた私は、別の誰かと出会うのだろうか?

ずっとそばにいてくれた人との別れ。
会えなくなる訳ではないけれど、やっぱり……  09.08.26

039:散る花の如く

 最近、すぐに眠くなった。
 どれだけ寝ても寝ても、眠くて仕方がない。
 転寝はもちろん、この間なんて湯船で危うくおぼれかけて、眞珠にとても怒られた。

 仕方のないこと、だと思う。
 日に日に強くなっていく違和感に、現は窓の外を眺めた。
 はらはらと舞い散る桜の花びら。美しさにため息をつき、憧れる。
 そう、仕方のないことだ。
 『この世界』に拒否されている自分が、今日まで何事もなく生きてこられたのは、壱の神の御力あっての事。壱が離れてから、極端に多くなった体の不調がいい例だ。
 きっと、もう自分は長くない。
 知っている。
 壱の神がいるとはいえ、成人までもてば良いと言われていた事を。
 だからこそ、この年まで生きたことは上出来だと思う。
 悔いはあるけれど、満足していないわけではない。
 自分が出来ることはやってきたつもりだし、どうしても叶わないことは諦めた。
 だから。もし。
 もし、叶うならば――壱が叶えてくれるなら、この花のように散りたい。
 人の心に何かが残ってくれたら、きっと自分が生きてきた甲斐がある。

 春の穏やかな日差しの中、吹く風は優しくて、ついついまどろんでしまう。
 そのまま、彼女の瞳はゆっくりと落ちて、すぅすぅと規則的な寝息が続いた。
 はらりはらりと、風が桜を浚っていく。
 花に埋もれて現は眠る。

 花のように散りたい。
 でも、その前に。
 ずっと側にいてくれた人に、一目でいいから逢いたかった。

一つの『終わり』は、いくつかの『始まり』と『終わり』を連れてきた。  09.09.02

「題名&台詞100題 その一」お題提供元:[追憶の苑] http://farfalle.x0.to/