1. ホーム
  2. 夢の続きforパラレルお話
  3. ソラの在り処-暁天-
  4. 夢の続きforパラレル
ソラの在り処-暁天-

夢の続きforパラレル

本編既読推奨。
「夢の続き」にて、もしノクティルーカが『奇跡』なしだったら?でお送りします。

 叔母に会うためのはずだった旅立ちに、なぜかラティオのお使いがくっついてしまったが、とりあえずの目的地、シックザールへは着々と近づいていた。
「今日はあの町で一泊します」
 プロキオンが指差すのは高い塀に囲まれた都市。街道沿いにあってなお大きいといえる規模の街だった。
「にぎやかそうね」
「この辺りでは三番目くらいに大きい街らしいですよ。
 それに確か、今はお祭りの時期ですから人も増えてるでしょうし」
「お祭り?」
 楽しそうな単語を聞いてポーリーの声が華やぐ。
 行きたい見たいと訴える瞳に、あらかじめ調べていたのだろうプロキオンが得意げに返す。
「ルペルカリア祭というそうです。豊穣を願う祭りで屋台も多く出るそうですよ」
「ふぅん」
(ルペルカリア、か。前にもそんな名前の祭りに行ったな)
 ただ、あの頃はまだ気づかれていなくて、旅の連れとしてだったけれど。
 そこまで思い起こしたノクティルーカが一緒に行こうと誘おうと声を出すより早く、笑みをたたえた声がかけられた。
「後で月の君とご一緒に見に行かれてはいかがですか?」
 スピカの言葉に期待に満ちた笑みでポーリーが振り向く。
「いいの? 行ってくれる?」
「……ああ」
 言葉を取られてしまって、うめくように答えるノクティルーカ。
「むしろ言われる前に誘えノクティルーカ」
 笑い声とともにミルザムに背中を叩かれる。
「いてーなっ」
 抗議の声にも返るのは笑みばかり。ああまったく、だから大人は嫌なんだ。

 宿を取った後、それはそれは丁重にポーリーとノクティルーカは追い立てられた。
 励ましやらよく分からないアドバイスをもらったが、とにもかくにも祭りに向かう。
 考えてみれば、こうして二人きりで出かけることなどあまりないのだから。
 にぎわう祭。華やかな衣装。どこからか響く楽の音。
 物珍しさと高揚感に、ポーリーはきょろきょろと周囲を見回す。
「あんまり離れるなよ」
「うん、分かってる」
 はぐれるぞと声をかけても返事はかなり上の空。
 ものめずらしそうに頭をめぐらせて笑っている様子は可愛いが、このままだと絶対に迷う。
 ため息ひとつ、腕を取ってこちらへと引き寄せる。
「え?」
 声をかけることなく引っ張ったことがまずかったのか、ポーリーの体は勢いよく傾いで、結果的にはノクティルーカの胸に収まった。
 ふわりと漂う香りは慣れたもの。自分が持つ匂い袋は元々彼女からもらったもので、同じ香りを共有しているといってもいい。
 ぽかんと見上げる顔が思ったより近くて、彼女の瞳に移りこむ自分の姿を認めて思考が。
「……ルカ……?」
 戸惑うようなポーリーの呼びかけに、ノクティルーカは慌てて体を離す。
「や、はぐれたらまずいだろ? 前の市並みの人手だぞ」
「え、あ、うん。確かに、ひと、すごいもの、ね」
 互いにしどろもどろになりつつ、ついでにそろって顔も染まっていく。
「……行くか」
「……うん」
 かけた声に返る声。
 小さな頃からの癖はどうやらなかなか抜けないらしい。
 ノクティルーカの服の袖を握ろうと白くまろい手がのびる。
 袖を掴まれるより早く、こちらから手を差し出す。
 返されたのは、不思議そうな目と表情。
 まったく、どうしてそういう反応をするのやら。
 掴んでくれそうにない手をこちらから掴んで、当りをつけたほうへと進む。
 ちらと視線だけで様子を伺えば、ほんのり染まった頬とうれしそうな笑顔に、知らずノクティルーカの顔も染まった。
「そこのおじょーさん、何か買っていかんかね?」
「彼氏に買ってもらいなー」
 冷やかし交じりの屋台の売り子の声に、ますます顔が火照る。
 力をこめれば、その分だけ握り返してくる手。
 これはこれでいいのかな、とか思ってるんだろうなと周囲が思うくらいの初々しさを撒き散らしつつ、二人は祭りの人ごみへと繰り出していった。。

 大道芸に手を叩き、吟遊詩人の歌に聞きほれ、屋台を冷やかして……
 そこそこ堪能した二人は適当に見つけたベンチで小休憩を取っていた。
「まだあっちのほう行ってないわよね」
「ちょっと落ち着け」
 早く行こうとポーリーはせかすが、あまり無理はさせたくない。
 元々体力があるほうといっても、ほんの数ヶ月前までは療養生活の身の上だったのだ。心配するなというほうが無理だろう。
「水分補給しとけ。ちょうどいいから少し待ってろ。何か食べるもの買ってくる」
「え、ルカだけ?」
「だけ。何食べたい?」
「んー……おいしいの!」
「難しいこと言ってくれるな。とにかく、それ飲んどけよ」
 近くの屋台で買った、この辺りで咲く花の蜜のジュースを手渡して、そう言いつけておいたのが少し前のこと。
 食事になりそうなものやお菓子をいくつか購入して戻ってきたこの瞬間まで、そう時間はたっていないというのに、ポーリーの近くには数人の男たちがいた。
 プロキオンが恋人たちの祭りといっていただけあって、すれ違う人たちは男女ペアが圧倒的だった。
 その中にあって、ノクティルーカと年の変わらない連中が男だけでいるとなると、想像されることはあまり多くない。
 ましてや、明らかに彼らの話題に上がってるだろう相手が相手ならば、無視を決め込むことなど出来ない。
(俯いて声かけやすそうな風体つくるんじゃないっ)
 八つ当たりだということは分かっている。自分が置いていったせいだということも。
 機嫌の悪さはそのまま歩調にも出てしまった。
「ルカ」
「少し寄ってくれ」
 びっくりしているポーリーに少しぶっきらぼうに言って場所を空けてもらう。
 座る際に、こちらの様子を伺っていた連中に一瞥くれる。無論牽制のため。
 ポーリーは彼らのことにはまったく気づいていないようで、視線はすでにノクティルーカが買ってきた食べ物へと向いている。
 器のひとつを差し出せば、すんなり受け取って歓声を上げる。
 いただきますと言って、早速スープを食べようとした彼女を呼び止める。
「ポーリー」
「え?」
 振り向いた彼女の口に添えるように摘み上げた丸いカステラ。
 手ずから食べさせる真似をするのも、もちろんまだ諦め悪く見てる連中がいるから。
 嫌がるとか照れるとか、そういった反応を危惧していたのだが、ポーリーはすんなりと口をあけた。
 療養生活中につけられた癖だろう。
 とはいえ、こっちにとってはもうけもの。小さな口に菓子を放り込む。
 もぐもぐと咀嚼している顔を見ているだけでも分かる。気に入ったなこれは。
「美味しい! なあにこれ」
「カステラっていうらしい」
「へー」
 器を差し出せは、ポーリーは早速もう一個摘んで食べる。
(本当、美味そうに食べるよな)
 どうやらスープよりもこちらのカステラのほうが気に入ったようで、さらに一個手に取っている。
 口に運ぶ途中でなにかに気づいたのか、こちらに問いかけてきた。
「ルカは食べないの?」
「ん? まあひとつくらいは」
 食べてみたいかなと思う。
(これだけ嬉しそうにしてるってことは、美味いはずだし)
 ノクティルーカの反応に、ポーリーは手にしたカステラを見て、それを自らの口ではなく彼のほうへと向けた。
「じゃあ、あーん」
 予想外の行動に思わず固まる。
「ポーリーっ」
「なぁに?」
 にこにことポーリーは笑っているが、これは怒ってる。
 こんな衆人の前で「あーん」なんてやって見せたからだろうことは察せられた。だから仕返しということなのだろう。
(謝る、か? いや、でも)
 しばしの逡巡の後、ノクティルーカはおとなしく口を開いた。
 とてもじゃないけどまともに顔が見れなかったので、目は閉じたままで。
 食べさせてもらったカステラは、ほんのり甘くて確かに。
「ん、結構うまいな」
「でしょ。もっといる?」
 いつの間にかカステラの入った器は奪い取られていて、ポーリーはまたひとつ丸い菓子をつまみ上げている。
「……あのなぁ」
 勘弁してくれとうめくノクティルーカに対し、ポーリーはとても楽しそうに笑う。

「で、どうする?」
「微笑ましいではないか」
「いやだから」
 ポリポリと頭をかきつつ、ミルザムは隣にいるスピカに言った。
「どうやって呼ぶ?」
「……あの空気を壊せというのか?」
「……壊さなきゃ、連れ戻せないぞ。いい加減、夕食の時間だし」
 そうして二人は沈黙する。
「おぬしが行け」
「ノクティルーカに恨まれるのはごめんだ。お前のほうが適任だろ」
「では、負けたほうが呼びに行くということで」
「仕方ないな」
「じゃーんけーん」

副題『おまえら勘弁してください』