1. ホーム
  2. 触れた瞬間お話
  3. ソラの在り処-暁天-
  4. 触れた瞬間
ソラの在り処-暁天-

触れた瞬間

「いたっ!」
 小さな悲鳴。同時に近づいていた手が離れる。
 指と指とが近づいたら、まるでつなぐように一瞬走る光。
 でもその光のせいで返って距離は開いてしまう。

 ばちっていったの、なんで?
 静電気ですよ。
 せーでんき?

 小さい頃教えてもらったことによると、私は『帯電体質』らしい。
 特に冬は、服を脱ぐときもバチバチいうし。
 結構痛かったんだろう。
 彼女は伸ばしていた手を戻し、逆の手でさすっていた。
 私の体質だから仕方ないにしても、ちょっと寂しい。
 まるで近づくなっていわれてるみたいな気がして。
 でも、そんな気持ちは吹き飛んだ。大きな衝撃とともに。
「ポーリー……」
 疲れたような声は気のせいじゃない。思いっきり抱きつかれたんだから仕方ないのかもしれない。
 首にかじりつくように腕を回して、肩を震わせて泣いている姪っ子。
「ご……っく……なさ……っ ごめ……っ」
 とても小さな声で、言葉にはなっていないけれど謝り続けるポーリー。
 行動は小さな頃と変わってなくて、それでも衝撃は大きい。
 もう小さな子とは呼べないし、見た目なら私と同じ……いや、彼女のほうが大きいのだから。
 抱きついて泣きじゃくる彼女の頭越しに、懐かしい顔ぶれ。
 いいたいことはたくさんあったけれど。
 言葉にしない代わりに思いっきり抱きしめかえした。

月の男の子と星の女の子で書こうと思いましたが、それは本編にとっておこうと。
帯電体質に冬はきついものがあります。

お題提供元:[もの書きさんに80フレーズ] http://platinum.my-sv.net/