1. ホーム
  2. 「はいそーですかなんて、言えると思う?」・「人間だから」お話
  3. 月の行方
  4. 「はいそーですかなんて、言えると思う?」・「人間だから」
月の行方

「はいそーですかなんて、言えると思う?」

 落石から身を守れたのは、目の前にいる少女の使った……魔法のお陰だろう。
 自分は魔法には詳しくないが、これほどの力を発揮するものなのだろうか?
 もしや、これが話に聞く。
「その娘……ミュステスか?」
 人より優れた力を持つというミュステス。
 ならば、この事態にも納得がいくというただそれだけの問い。
 私の言葉に少女はびくりと肩をすくませる。
 何故このような反応をするのだろう?
「さすが、神に与えられた力だな」
 賞賛を込めていった言葉。
 なのに、私の視線から少女をかばうように、金髪の傭兵がこちらへ踏み出す。
 その後ろからは同じく金髪の少女――傭兵の娘だろうか――が、こちらを睨んでいる。
 二対の瞳が、強く何かを訴えている気がした。

虐げられる存在と知っていて、返事なんか出来るか。(07.07.04up)

「人間だから」

 轟音が消えて、静寂が訪れる。
 それにほっとするような空気が流れたのは一瞬。
「その娘……ミュステスか?」
 問われた声に周囲の空気は凍りつく。
 びくんと肩を揺らすポーラ。
 否と言えるはずはない。
 人にあらざる力を持つもの(ミュステス)。
 こちらに向かって斜面を転げ落ちてきた大岩。
 よける暇などないと、ついというかとっさにというか、使った防御魔法。
 これがなければ助かることなど出来なかったろう。
 だけど、使ったが故に、今のこの事態を招いている。
 答える事も顔を上げることも出来ずに、彼女は沈黙を保ち続けた。

魔力が強いから、人と呼んでもらえないのだろうか。(07.07.04up)

お題提供元:[台詞でいろは] http://members.jcom.home.ne.jp/dustbox-t/iroha.html