1. ホーム
  2. 正直と嘘吐き二次創作(ファルコム系)
  3. 正直と嘘吐き

正直と嘘吐き

 その言葉を聞いたのは、偶然だった。

「もう『クローゼ』に戻る事は出来ないんです」

 そっと様子を伺えば、憂い顔の姫殿下と神妙そうなエステル君の姿。
 むむむ……ここは明るく慰める方がいいのか?
 一瞬だけ考えて、気づかれてないようだしこのまま通り過ぎてしまう事にする。

 飛行船での旅は帝国では考えられないほど快適で。
 特等席に陣取って、空からの景色を眺める。
 あと、何回見れるだろうか?
 猶予期間は後少し。だけど。
「今降りるのはもったいない」
 かすかに空気を震わせる言葉。

 怪盗紳士との決着もついていないし、ヨシュア君のこともある。
 それに……彼女が何を決断するかも気になる。
 彼女は精一杯悩んで、迷って。
 流石はあの女王陛下の血筋と言うべきか。
 女王国家だからという訳じゃないんだろうけど、この国の女性は強い。
 エステル君やシェラ君はもちろん、まだ小さなティータ君も。
 ああ。本当に……この国は眩しいね。

「太陽のようだよ」
 ボクの素直な……珍しく素直な発言に、なぜかうんざりしたような応えが返る。
「どうしてだろうね。それでも太陽に焦がれるんだ」
 繰り返すと突き放される。
「むむむ。そんなにおかしいかい?」
 ……強制的に切られた。まったく融通が利かないというか。
 もう一度通信してやろうと思うけど、そろそろ席に戻った方がいいか。
 沈黙する通信機を収めて客席へもどる。

 彼女が何を選ぶか分からないけど、それはきっとあまり遠くない未来。
そして――ボクが決断をする時もまた、近い。

SCでの一幕。クローゼ(正直)とオリビエ(嘘吐き)で。すっごい難産でした。
さすがオリビエ、思考回路がまったく読めなかったんですよッ

お題提供元:[もの書きさんに80フレーズ] http://platinum.my-sv.net/