1. ホーム
  2. 切れちゃった二次創作(ファルコム系)
  3. 切れちゃった

切れちゃった

 大袈裟なため息が、凄く癇に障る。
「またハズレね」
 しみじみと言うシェラ姉。
「そんなに言うんだったらシェラ姉も手伝ってよ」
「おあいにくさま。あたしじゃ餌を無駄にするだけよ」
「う~」
 シェラ姉はそう言って軽く肩をすくめてみせる。
 釣りを始めてからずっと、シェラ姉とオリビエは木陰から出てこない。
 あたしはと言えば、アガットと一緒に竿をたらしている。
 何でいきなり釣りかって言うと、依頼主が魚を必要としているから。
 薬の材料にするみたいだけど、生憎その魚って言うのが……この辺りじゃあ釣りにくいのよね。
 確かに釣りは好きだし趣味けど、この魚を釣らなきゃいけないっていうのは結構辛い。
 ハズレのリベールブナをバケツに移して、餌をつけてまた竿を放つ。
 風を切る音と一緒に、針は綺麗な軌跡を描いて小さな水音を立てた。
 ゆらゆら。浮きがあわせて揺れる。
 釣りは魚との真剣勝負。
 かかったからって焦ってもいけないし、駆け引きが難しい。
 さっきからあたしはリベールブナばっかり釣ってるけど。
 横を見れば、アガットのバケツはいまだに空。
 なんか、ちょっと嬉しいかも。
 最初に会ったときから馬鹿にされてた分、こういう時嬉しい。
 正遊撃士としての仕事でもあるし。……なんて。気楽にも言えないか。
 五匹目のハズレをバケツに入れて、シェラ姉に聞いてみる。
「ねえシェラ姉。ジンさんは釣りするのかな?」
「さあ、どうかしらね」
 一度ギルドまで戻って、皆で釣りするのもいいかも。
 足りない竿は家から持ってくれば良いし。
 あ、でもクローゼやティータは釣りしないかな。
 というか、餌にするミミズとかにまず触れなさそう。
「ではどうかな? 気分転換に一曲」
「魚が逃げるでしょーが」
 胡乱気に言ってもオリビエには通じない。
 仕方なしにまた釣りに戻るけど。
 アガット、さっきから全然動かないけど……餌だけ盗られてるんじゃないかな。
 そんな風に思ってると、竿が大きくしなった。
「来たっ?」
「お。ようやくかな?」
 駆け寄るあたしと対照的に、オリビエは悠然としてる。
 かなりの大物なのか、魔獣と対決してる訳でもないのに警戒してるアガット。
 リールをゆっくり巻いて……でも、魚も必死に抵抗する。
 命かかってるから必死なのは当然なんだけど。
 息すら詰めて。釣上げられる、その瞬間を待つ。
 ぷちん
「「あ」」
 軽い音を立てて糸がちぎれて、反動でたたらを踏むアガット。
 でも皆視線は別の方。日の光を照り返す鱗。
 それは空中で器用に向きをかえて、得意そうに水中へと戻っていった。
 後に残るのは、それが残した波紋だけ。
「あーもう! せっかくつれてたのに!」
「今度釣あげりゃあいいだけだろう」
「あんですってーっ」
 結局この後大騒ぎしたせいで、魚はすっかり逃げちゃって。
 釣上げるのに苦労した事だけは記しておく。

ネタバレはないはずですよね?
イメージとしては、SCのロレントのあの依頼ですけど、単純に釣りの話ってことで。
今回はエステルの一人称でお送りしました。

お題提供元:[もの書きさんに80フレーズ] http://platinum.my-sv.net/