1. ホーム
  2. 第三話 4お話
  3. 空の在り処
  4. 第三話 4
空の在り処

【第三話 再会】 4.壱の神と姪っ子

 くっくっと笑うはとても楽しそうでいて、いじわるに見えた。
 ……現の顔でそんな表情しないで欲しい。
「『どうした? 我が分からぬと申すか?』」
 ほら、ポーリーだって戸惑ってる。
「知っている……ような気はします」
「『当然だ。この器からそなたたちを見ておったのだからな』」
 当たり前のことを言うように笑う『壱の神』に対して、ポーリーはものすごく不満そうな顔をしてる。
 相変わらず腹芸が向かない子。
 確かに言われて腹が立つだろうけれど、それを顔に出してもいいことないのに。
「『我を恐れぬか?』 」
「怖い神様なんですか?」
 難癖をつけるような『壱の神』の問いかけに返ったのは不思議そうな声。
「『さてな。しかし、多くのものは我を恐れるぞ』」
 それは事実。だって『壱の神』はわたしたちの命を握っているも同然。
 『壱の神』に見放されるということは、太陽が消えるのと同じことだもの。
「よく知らないのに怖がるのはおかしいです」
 え?
「『珍しいことを言う娘だ』」
 わたしと同じように驚いたんだろう。『壱の神』も心底不思議そうに言う。
「『人は知らぬもの、理解出来ぬものを恐れるというのに』」
「それに、ずっとアースと一緒にいたのでしょう? なら、怖くないわ」
「『奇妙な信用の仕方だな』」
 それには同感。
 『外』で育ったせいか、それとも本人が元々持っていたものなのか、ポーリーは本当に予想外のことを言ってくれる。
 呆れたような、でも興味深そうな目でポーリーを見てから『壱の神』は告げた。
「『さて、そろそろ本題に入ろうか――世の理について、きかせてやろう』」
 堂々とした姿に、子供たちが不安と期待の入り混じった目を返す。
 そんな彼らには何も返さず、『壱の神』は冷徹に言い放った。
「『その前に、そちらは邪魔だ。失せろ』」
 氷のような眼差しと言葉。
 命令を告げることになれたもの特有の高圧的な態度。
 『壱の神』の命は絶対と言ってもいい。
 能登も眞珠も深く頭を下げてから部屋を後にする。
 全員が部屋を辞しても『壱の神』は黙ったまま。
 沈黙に耐えかねたのか、ポーリーがちらちらと視線を送り、ノクティルーカが口を開きかけたとき。
「『あー、堅苦しかった』」
 晴れ晴れとした声に、一瞬思考が飛ぶ。
「え?」
 きょとんとした声を上げたのは誰だろう。
 それよりも先に、さっきの言葉は誰の口から発せられたものだろう?
「『オマケがいると楽に出来ないからね。まったく、どれだけボクに夢見てるんだか』」
 ぷーっと頬を膨らませるしぐさは小さい頃の現がたまにしていたこと。
 お行儀が悪いからって怒られて、ますます膨れていたわね。
 ええ、現実逃避してるのは良く分かってる。
「えーと?」
 ポーリーも変貌振りについていけないみたいだし、というか、夢でも見てるのかしら?
「『導も月も気に入った。だから、ちゃんと話してやるよ』」
 夢だとしたら、ポーリーに再会したのも夢なのかしら?
 それはちょっと嫌だなぁ。
「『さぁ、何が聞きたい?』」
 流そう流そうと必死に逸らしていた耳が拾う音。
 それは確かに双子の妹と仕える神のもの。
 立ち直りきれていないわたしよりも、ポーリーのほうがすばやかった。
「多分、聞きたいことはこれからたくさん出てくると思うし、聞いていた方がいいことだってたくさんあると思う。でも、今一番聞きたいのは、どうしたらアースをここから解放出来るの?」
 健気なこと言ってくれて嬉しいな。
「『都に戻って、昴として命じるだけだよ』」
 やっぱり、現実? これが……『壱の神』?
「『そのためには、お前が琴の娘だと証明しなきゃいけないだろうけど』」
 あ、この意地悪な感じは『壱の神』。
「証明?」
「今、都を牛耳っている者たちにとって、彼女の帰還が望ましいとも限らないからですか」
「『今まで握っていた権力を手放すと思う?』」
「いいえ」
 うん。こういうこと言うのは『壱の神』ね。
 ということは……本当に現実……
「『自身の証明って結構難しいことだよ。お前はどうやって自分が自分だと証明する?』」
 妙にしみじみと言われた言葉。
 どうして『壱の神』がこんな風に言うんだろう?
 問われたポーリーは、背筋を伸ばして自身の胸を叩く。
 その堂々とした姿は琴姉上に似ていた。とても、とても。
「この身と形見と思い出、です」
「『ふぅん?』」
 面白いものを見る目なんてしないで欲しい。現の姿なのに!
 ポーリーもそう思っているのか、それとも別の理由からか少し複雑そうな顔をして続ける。
「幸い、わたしは母上に似ているみたいですし、形見として授かったものもあります。
 それから、母上が私にだけ話して下さったことも」
 わたしは知ってる。
 顔が似ているからとか、証拠の品があるからとか。それだけで『自分が誰か』を証明できることは難しいことを。
 ましてこれからこの子が挑む場所は権威の中心。権力者達の巣窟。
 自分達の利益を守るためはに本物を偽物と言い切り、白が黒になる場所。
 前途多難なのはきっと分かってるんだろう。
 でも、迷いは見受けられない。
 まっすぐ見つめ返すポーリーに、『壱の神』が笑いかける。
 現が浮かべるものと良く似た笑みを。
「『万一、うるさい奴がいたら、呼べばいい』」
「え?」
 嘘。
「『この、ぼくが――壱が証明する。お前は確かに琴の娘、導だと』」
 『壱の神』が、ポーリーに助力するというの?
「ありがとうございます。じゃあ早速」
「『気が早すぎるぞ。1日くらいゆっくりしていけ。そのほうが楽しいし』」
「楽しい?」
「『鎮真のあの胃の痛そうな顔、見たか? あんなに愉快な見せ物はそうないし、すっごく楽しい』」
 言葉どおり、楽しそうな『壱の神』。
 なんで? いつも代償を求めるのに……どうしてこの子には何も請求しないの?
 それともまさか、後になってからとんでもないことを言うつもり?
「『聞きたいことがあれば、また呼べばいい。気が向いたらいってやる』」
「えーと、壱って呼べばいいの?」
 ちょっとポーリー! なんでいきなり呼び捨て?!
「『そうだ。そう呼べ』」
 慌てたわたしだけど、『壱の神』は気にした様子はない。
 それどころか……嬉しそう?
 同じような違和感を感じたのか、ポーリーが口を開きかける。
 けれど……ふいに閉じられた目、霧散していく冷たい空気。
 ふっと小さく息が吐かれて、紫の目が再び開かれる。
 現が戻ってきた。
「アース?」
「『壱』ったら、ポーリーたちがかなり気に入ったみたい」
 ポーリーの問いかけに苦笑を返す現。
 この子も、呼び捨て。
 現がポーリーに何かを言って、なんだかやり取りしているけれど、わたしの耳にはぜんぜん入ってこなかった。
 わたし、何か勘違いしている?
 『壱の神』のことは主人でもあるし、長い付き合いだからそれなりに知っていると思っていた。
 気まぐれでわがまま。
 わたしの頼みを聞いて現を助けてくれたのだって、きっと気が向いたからだと思う。
 でも、今日の様子はなんだか違った。
 それは……何故?
 考えても、答えなんてわからない。
 ただ置き去りにされたようで、不安で仕方なかった。
 わたしが知らない――気づいていないことが、まだまだたくさんあるようで。