1. ホーム
  2. 第六話 4お話
  3. ソラの在り処-蒼天-
  4. 第六話 4
ソラの在り処-蒼天-

【第六話 相違】 4.初めての報酬

 自分達が知る『紅茶』のようにはいかないが、それでも温かな茶をすすり、ほうっと息をつく。
「素敵でしたわ」
 陶然とした様子でうっとりとするティア。
 ルチルは茶を手に持ったままにため息をついている。
「確かに、何かの英雄譚みたいだったよねぇ」
 苦笑しながら言うのはリカルド。
「囚われのお姫様を救う王子サマって感じで」
 どこか茶化すように――けれどシチュエーション的に彼の感想は間違っていない――言うと、ティアとレイはなぜか一瞬顔を見合わせて苦笑した。
「まあ……」
「間違っては無い、よね」
「絵になってたわね」
 くすくすと笑いながらクリオも言う。
 そんな会話を聞き流しながら、セティはぼーっと茶器を両手で包み込んでいた。
 確かに……確かに、感動的なシーンだったんだろうなぁとは思わなくもないかなとは思う。
 けれど。
 こんなにも考え込んでしまうのは、あの赤毛の男の言葉が気になるからだ。
 ティアのお兄さんらしい人の。
「お前ら、いつまで起きているんだ」
「あら兄様」
 呆れ声は赤毛の青年のもの。それに応えたティアはにこにこと駆け寄っていく。
「どうかなさいました?」
「儀式は終わったんだ。とっくに寝る時間だぞ」
「それよりも兄様! ポーラ様の目は覚めまして?」
 わくわくと問いかけるティア。
 その視線が一つや二つではないことに気づいて、青年は小さく嘆息する。
「まだだ。脈も呼吸も正常だがな」
「ええー」
「仕方ないだろう。今まで氷……のようなものに閉ざされていたんだ。
 目が覚めてもすぐに動けるかどうか」
「つまりませんわ」
 ぶーぶーいう妹に、兄はぺしと軽く額をはたいて向き直る。
「とにかく、今日はもう休め」
「えー、でもちょっと目がさえちゃってるんだよね」
 頬をかきつつ、控えめに反論するリカルド。
 なんというか気が昂っていて寝付けそうにもない。
 寝酒が欲しいのが本音だ。
 しかし青年は笑った。
「寝付けないのなら『眠りの術』をかけてやろう」
 聖職者特有の慈愛に満ちた微笑で、なのにどうして「にやり」なんて擬音がつきそうな笑い方が出来るのだろう?
 結局、その無言の圧力に耐え切れるものはおらず、おのおの部屋に戻っていった。
 セティとしても色々言いたいことはあったのだけど、部屋に入ってしまえばやはり疲れていたのか、あっという間に深い眠りに落ちていった。

 正直な話、目が覚めたのは音のせいだった。
 どんどんとリズム良く、でもとんでもないほどの音量に跳ね起きた。
「な、なになに?!」
 半分混乱したままに窓を開け放てば、ますます音の洪水に飲み込まれる。
 力強い太鼓の音。高く奏でられるのは笛の音だろう。
 人々の熱狂が風に乗って運ばれてくる。
 なんで、こんなに騒いでるんだろう?
「お祭……?」
 最初に思いついたそれを、こくりと首を傾げて呟いてみる。
 どうしてお祭なのかは分からないけれど、楽しそう。
 しばらく耳を済ませていたセティだったが、すでに高く上っている太陽を見て慌てて着替え始めた。

「お、はようございます」
 昨日案内された食事室に入ってみれば、ほとんど全員がそろっていた。
「おはようございますセティ。良く眠れまして?」
 にこにこと問いかけてくれたのはティアで、クリオやリカルドも口々に挨拶を返してくれた。空いてる席に腰掛ければ、待っていたかのように食事の盆がセティの前に置かれた。
「あ、ありがとう……」
 差し出された方に顔を向けて礼を述べ。
「いえ」
 いつもの無表情なリゲルの顔を見上げて、セティは後半を飲み込んだ。多少引きつっていたかもしれない笑みを浮かべて、さっさと食事をとることにする。
 ま、まさかリゲルがごはん取ってくれるなんて思わなかった……!
 多少どきどきしながら、まずスープを一口。
 ……なんていうか……ここの食事って本当に美味しい。ご飯が美味しいのは最高だよねとか思いつつ、セティはゆっくりと食事を味わった。
 クリオやブラウはもう終わったようで、茶器を片手に会話をしている。
 もくもくと食事を取りつつ、セティはテーブルについている面々を観察した。
 食事中なのはレイとティアだけ。
 ノクスさんとフォル、レジーナさんの姿はない。
「はよー」
 噂をすれば何とやら。
 大きなあくびをしながらフォルが部屋に入ってきた。
「何なんだあの音。うるさくってたまらねぇ」
 セティの向かいに空いていた席に座りつつ、早速ぼやく彼。
 先ほどと同じく、すぐに盆を持ってリゲルが言った。
「めでたい日ですから」
「めでたいぃ? ああ……なるほど、な」
 食事を受け取りつつ、フォルは一度首をかしげ、納得する。
 想像できることは一つ。
 あの、氷から解放された女の子のこと。
 そういえば、ノクスさんの恋人って言ってたけど、どういう人なんだろう?
 ちょっとした好奇心から、とりあえず教えてくれそうなティアに声をかけようとしたところ。
「おっはよー、昨日はお疲れ様!!」
 けたたましい音を立てて、満面の笑みを浮かべたプロキオンが入室してきた。
「……おはよう」
 あまりのテンションの高さに、皆が皆一瞬何を言うべきか忘れて、挨拶が遅れる。しかし、彼は気にしてないのか気安げに近寄ってきた。
「良く眠れた? ごはんはどう?」
「ああ。美味しかったよ、本当」
「羨ましいくらいね」
「そっか、ならよかった」
 リカルドとクリオの言葉に、彼はまた笑う。
 笑っても笑っても笑い足りない。そんな幸せそうな表情で。
「妙にご機嫌だな」
「そりゃーそーだよう。ようやくお助けすることができたんだもん」
 揶揄するように言ったフォルだが、プロキオンの応えに軽口を返すことが出来なかった。
 見た目はまだまだ子どもなのに、とてもとても深い声。悔恨や安堵。さまざまな感情が入り混じった様子は、とてもじゃないが茶化せない。
「それで……わたし達をどうするつもりです?」
 固い声で問いかけたのはルチル。どうかしたのかと全員の視線が集まるが、彼女はただプロキオンを睨みつけるのみ。
 セティにとっても他人事じゃないこと。
 でも、どうしたら良いか分からなくて二人を交互に眺める。
 返事を待つのに、どれだけの時間がかかったろう。
 実際にはそんなに間はなかったのかもしれない。
「どうするって。正直、もう引き止める理由は無いよ?」
 せっかくだからお祭見ていけばと薦める彼に、ルチルは眉を吊り上げる。
 テーブルに両手を着いて、立ち上がろうとした彼女に、ひどく静かな声がかけられた。
「ですが、『あれら』がまだ諦めていないでしょう。
 くれぐれも、お気をつけください」
 視線を転じれば、手に持った器を眺めたままのリゲルの姿。
 全員の目が集まっていると分かっているだろうに、いつも以上に涼しい顔をしている。
「……あなたが、元凶じゃないの?」
「襲撃のってこと?
 ま、疑われるのは仕方ないし、全部を信じてもらえるなんて思ってないよ」
 ルチルの追求をプロキオンはこともなげに認め、けろっとした顔で言い募った。
「ただ、何も言わないのはこっちの理由。後から君達に何かあったとして、忠告しておけばよかったなんて思うの嫌だから。
 つまりは、ボクの心の平安にとって悪いから言ってるだけだよ」
「そう」
 彼の言い分を聞いて、クリオはただ頷くだけに留めた。
 何事も話半分に聞いておいたほうがいい。嘘は言わないかもしれないが、属する場所が変われば、見えるものも違ってくる。
「あ、そうそう。報酬のことだけどね」
 これを言いにきたんだったと笑いながら、彼は指を立てた。
「協力料として一人五百ほど支払わせてもらうね。
 それから、この町にいる間の滞在費はすべてこっちで受け持たせてもらうよ。
 期間は君らが生きてる間中」
「え」
 提示された内容に、セティは思わず声を上げる。
 フォルなんかは口笛吹いてるし、リカルドも太っ腹ーとか言ってるけど。
 あれ、何か違うよね?!
「え、ええ?」
「仕事をこなしたんだから、報酬は当然だよね?」
「何を遠慮されることがあります?」
 青い髪の二人に詰め寄られて……いや、実際は視線向けられてるだけだけど!
「どうして? お金のためにしたわけじゃないよ」
「でも、旅をするんなら必要でしょ? 今までどうやって稼いでたのさ」
 金色の平べったいものを他のメンバーに渡しながら、不思議そうに聞くプロキオン。
「えっと」
「セティは『勇者』だから支給されるのよ」
 言葉に詰まってしまったセティに変わってクリオが説明する。
「ふぅん。変わってるねぇ」
「それより、これ、なんなの?」
「こっちのお金だよ。君らのとこのお金も使えないことないけどね」
「……つくづく、ありがたいな」
 ごく当然のものとして交わされる会話。
 けれど、それらはセティが今まで知らなかったこと。
 本当に知らないことだらけだなぁと悔しくなる。
 でも。
 はじめて貰った『報酬』は、やっぱり嬉しいものだった。