1. ホーム
  2. Nornir二次創作(ガンガン系)
  3. Nornir

Nornir

 ぼんやりと意識が浮上する。
 夢から醒めるときのように少しずつ現へと戻ってくる。
 ――痛い――
 最初に回復したのは意識ではなく痛覚だった。
  ――何故、どこが痛いんだろう?――
 はっきりしない頭で考える。
 ずきずきとした鈍痛ではない。体の内から来るものでもない。
 ――背中が熱い――
 怪我を負ったのは背中なんだとか、傷が熱いせいで他が冷たく感じるとか、ぽつりぽつりと思考が漏れる。
 痛みでまとまらない思考と違い、五感は少しずつ戻ってきた。
 聴覚はささやかな音を拾っているし、投げ出されているであろう腕がざらざらとした――多分地面の――感触を伝える。そして、もう一つ。
 ――あたたかい?――
 右の頬から首筋にかけて、温かいものが触れている。あたたかくて、やわらかいもの。
 耳が拾う、聞きなれた声と言葉。
 まだ重いまぶたを何とか持ち上げて、戻りきらない視力をもどかしく思いながらも、そこにいる『彼』を見つめた。

『なんだ。生きてるじゃねぇか』

 思い出したのは、とても昔に聞いた言葉。
 ふっと小さな笑いが漏れる。
「ディアナ?」
 不審そうなラシェの声。
 怪我を負って気を失った人間が、目を覚ました途端に笑ったんじゃ当然かもしれないけれど。
「なんでもないの」
 ただ、思い出しただけ。
 背中に怪我をして、目を覚ましたらすぐそばにラシェがいた。
 あの時は、頭が真っ白になって慌てて起き上がったものだけど。
 口を開いた拍子に走った痛みはごまかせなかったらしい。
 不機嫌そうな表情で、でも慎重に、私が体を起こすのを手伝ってくれた。
 セキがいればな、なんてことを口にしながら、反論する間もなく背負われる。
 迷惑をかけるのは躊躇われたけれど、傷は軽いものではないように思う。無茶をすればかえって迷惑をかけることになるだろうと判断して、おとなしく運ばれる。
 あの時は、荷物のように担がれたものだけど。
 昔とは立ち居地が違うのだから当然だけど、どうしても苦笑が漏れてしまう。
 「今」は「昔」とこんなに違う。
 なら、未来は今ともまた違っていくんだろう。

20,000HITお礼フリー小説【白のテンペスト】verでした。
同じシチュエーションでも、時代が違うと対応はかなり違いそうです。