1. ホーム
  2. うちへおいで二次創作(ファルコム系)
  3. うちへおいで

うちへおいで

『あたしは、レンと向き合いたい』
 真っ直ぐな目は見慣れたもので――そうよ知ってる。彼を探しているときにもこんな目をしていたもの。
『レン』
『レン』
『レンちゃん』
 耳に残る懐かしい声。エステル、ヨシュア、ティータ。
 『お茶会』は楽しかった。あんな空間でも――会えたのは嬉しかった。
 あの時はわからなくて逃げて、偶然再会したあのときだって逃げて。
 逃げて、逃げて逃げて――それを選んだのはレンなのに、どうして足を止めてしまうの?
 早くいかなきゃ捕まっちゃう。捕まったらきっと逃げられないわ。
 そう、こわいこわいオニさんだから。弱いくせに全然あきらめない。
 だから――逃げなきゃいけないの。
 髪の色が似ているとか、背格好が似ているとか、声が似ているとか。
 そんなのを気にかけて足を止めちゃいけないのに。
 捕まらないわ。
 ――もう追いかけてはくれないの?
 いつまでだって逃げるから。
 ――だから追いかけて。
『絶対つかまえてやるんだから』
 閉じた瞳に見えるのは、微笑みながら手を伸ばす彼女。
「――もうっ」
 ままならない自分の心に嫌気がさして悪態をつく。
 エステルのせいなんだから。
 だから、もう。
「あきらめてよ、エステル」

かくれんぼ、それとも追いかけっこ?

お題提供元:[もの書きさんに80フレーズ] http://platinum.my-sv.net/