1. ホーム
  2. 暗闇に慣れるまでお話
  3. ナビガトリア
  4. 暗闇に慣れるまで
ナビガトリア

暗闇に慣れるまで

「見えない」
 あたしの言葉に大いに戸惑ったのは父だけだった。
 母や祖母はどこか予想していたのか、心構えを教えてくれた。
 点字を読めるように勉強させられていたのは、いつかこういうことが起きると思っていたからだろう。母や祖母も光を失ったことがあると知ったのは、大きくなってからのことだけど。

 閉じていた眼を開く。
 相変わらず視界は閉ざされたまま、いつかの灰色。それを確認して小さく息を吐く。
 自分の力量を見誤ったわけじゃあない。
 千里眼を使いすぎれば視力が一時的に低下することも、最悪全く見えなくなることだってある。
 同じ『目』を持つおばあちゃんから言い聞かされていたことだし、限界がわからなかったうちは、よくやらかしていたから。
 視力を失う、というのは怖いことだ。敵対する相手がいる今は、最悪としかいいようがない。
 それでも使わなきゃあいけない時がある。
 ――その結果が、こうなるだけで。
 小さいころに体験していてよかったと思う。
 かつての暗闇を思い出せば、視力が戻る確信がある分、気は楽だ。
 本来なら術を使うための杖を頼りに室内を歩く。
 脳内の地図と照らし合わせて歩けば、そう戸惑うこともない。
『意外と、動けるんだな』
「慣れよ慣れ」
 どこか感心した様子の声に、軽く返す。
 手探りでコップを見つけて水を飲む。
 渇いたのどが潤されて、ようやく一息ついて、思う。
「アポロニウスは、眠っていたのよね?」
『ああ。ほとんどそうだったが』
 ずっと起きていて正気を保てると思うかと愚痴る彼に、うわの空で同意をする。
 慣れってすごい。
 暗闇を不便と感じることが減っていくから。
 明日、朝になれば、もうこの薄闇から解放されると知っているけど……
 慣れって怖い。
 慣れるまでのあの恐怖を、忘れてしまうのだから。

慣れないと辛い。でも、慣れすぎてはいけない。
自身を戒めるコスモスとまだ何も知らないアポロニウス。

お題提供元:[もの書きさんに80フレーズ] http://platinum.my-sv.net/