1. ホーム
  2. こっちを向いてお話
  3. スコラ マグス
  4. こっちを向いて
スコラ マグス

こっちを向いて

 自分が、結構なやきもち焼きだと気付いたのはそう昔のことじゃない。
 初めてできた彼女といると、本当に自分が狭量だと自覚させられる。
「午後からは座学かあ。眠いねえ」
「寝たら、提出レポートの担当分増加な」
「しーちゃんひどい!」
 そう。ライバルの存在に、ここまで苛立つなんて思いもしなかった。
 正確に言えばライバルじゃない。
 彼女の楸としーちゃんことシオンは従姉弟同士で上司と部下。
 それに彼女は最初に条件として宣言していた。『恋人を一番に優先することはない』と。
 そんな彼女の一番優先する人物が彼。
 同じ年の二人は恋人同士かと思うくらいの仲のよさ。
 邪推されないのは、甘い空気が全く感じられず、二人の容姿が似通っているからだろう。
 とはいえ、チームを組んでおり四六時中仲良く団体行動していると聞かされては、ちょっと心穏やかにはいられない。
 おまけにチームにはシオンだけじゃなく、他に男が三人もいるらしい。
 だから、せめて学校にいる間くらいは独占したい。
 けれど楸が学校に来るのは仕事の時だけで、仕事となればチームで来るわけで。
 つまり二人きりになりたくてもなれないというこのジレンマ。
 話ができるのなんて、お昼のこの時間くらいしかないというのに。
 そんなアルトゥールを知ってか知らずが、仏頂面をするシオンに対して笑いながら弁明する楸。
 いつもの――悔しいけれど見慣れてしまった光景。
 少し険を込めてじっとただ視線を送る。
 ねえサキ、僕に気づいて。

視線が痛いので逃げようとするシオン→追いかける楸→彼女を追いかけるアルトゥール。といういたちごっこ。

お題提供元:[もの書きさんに80フレーズ] http://platinum.my-sv.net/