1. ホーム
  2. それはこっちの台詞二次創作(ガンガン系)
  3. それはこっちの台詞

それはこっちの台詞

 お人よし。
 間違いなくあいつはそういえる。
 たとえば、子どもに甘い。特に甘い。
 雨に打たれている姿でも見ようものなら、あっさり手を差し伸べるだろう。
 ただでさえ子どもを犬猫のように拾うことだし。
 今は敵対してる相手何ざいないが、もし仮に『敵』が子どもを使ってきたらどうするんだ。
 あっさり罠に引っかかる気がするぞ。
 いや……罠と知っていても、か。
「危なっかしい奴」
 ため息混じりに呟きがもれた。

 ため息とともに呟かれた言葉。
 私に聞こえているとは思っていないんだろう。
 『危なっかしい』
 そう思われるのは心外だ。
 だって彼のほうが危なっかしい。絶対。
 私のことを甘いというけれど、一度心を許した相手に対しては、彼のほうが甘いと思う。
 それに、あんなに大怪我を何度もされたら……危なっかしいどころじゃない。
「無茶ばかりするんだから」

 後ろから聞こえてきた声。
 互いに相手のことを言っているんだろう、その言葉。
 ただ前を向いて歩く彼は、こう思う。
 どっちもどっちだ。
 二人と違い、声に出すようなことはしないけど。

ラシェから見たディアナ。ディアナから見たラシェ。そして、セキから見た二人。
なんだかんだで三人ともお人よしな気はしますけどね。

お題提供元:[もの書きさんに80フレーズ] http://platinum.my-sv.net/