1. ホーム
  2. 希うのは二次創作(ガンガン系)
  3. 希うのは

希うのは

 こつんこつんと靴の音が、静かな聖堂に響く。
 朝のさわやかな空気を吸い込んで、そこに跪き深く頭をたれて祈る。
――どうか、無事に帰ってきますように――

『ルシア、後は頼んだぞ』
 旅に出かけるとき、兄様はいつもそう言って行く。
 お仲間と共に行くその表情は、楽しそうで、どこか誇らしげで。
 でも、瞳にほんのかすかに、残していく私を心配していた。
 心配なのは私も同じ。
『私のことは気になさらないで』
 そう送り出すけど。
 兄様の無事が気になるから、こうして祈っている。
 どうか、無事で。
 ここは兄様の帰る場所。
 兄様が安心して旅立てるように、私はここを守っています。
 そして、帰ってきた兄様からお土産話を聞く事を、とても楽しみにして待っています。

 そう、だから。
 それが叶わなくなった今。
 兄様にかかる負担を、少しでも減らせる方法を。
 頭が痛い。
 邪魔をするなと、知らない/知ってる男の声がする。
 これは、ほんの僅かに与えられたチャンス。
 目の前には剣を構えた黒髪の戦士。
 この人なら/この人でも。止めてくれる/止められない。

 久しぶりに出した、自分の声。
 突然の言葉に、戦士は明らかに警戒している。
「手遅れに、なる前に」
 もう、もたない……

 いつか聞いた/聞きなれた『彼』の嘲笑。
 そうしてまた、私は私を見失う。

飽きもせず、こりもせずに彼らの話で……ルシアで。
優しすぎたが故に、犠牲となってしまった彼女。
白で兄妹揃って出てきてくれたときには、本当に嬉しかったです。

お題提供元:[もの書きさんに80フレーズ] http://platinum.my-sv.net/