1. ホーム
  2. 鮮やかな色二次創作(ガンガン系)
  3. 鮮やかな色

鮮やかな色

 鮮烈な赤。
 火と血と……国が落ちた日のこと。
 魔族によって滅ぼされた祖国(ガナディア)
 ただ禁忌の力によってなぶり殺しにされた民と国。

 まぶたの裏に残る色がある。

 ゆるく波打つ青い色。
 ソルトブルグが追っているという『青い髪の魔女』。
 人の姿を真似て、大人しそうな顔をした――魔族。

 相手が魔族ならば容赦などしない。
 アスラン軍に囚われた『魔女』を殺すため、わざわざ姿をあらわしたというのに。
 積極的に戦おうとせず、何とか逃れようと同情を誘う物言いに腹が立った。
 魔族喰い(デモン・イーター)の一撃を食らって、ようやく本性を出したかと思えば。

 月に照らし出された廃墟と化したバル=ジーの中で、第二回戦をと言う自分に、生きていたのかと問いかける。
 当然だ。あの程度の攻撃で死んでたまるか。
 嘲りかと疑ったその言葉の後に、予想外のものが続いた。
――私は……また人を殺してしまったのかと思ったわ――
 こちらを向いたその顔はなんともいえない弱々しさで。
――よかった――
 本当に安心したように、涙を浮かべていた。

 血を好む魔族のくせに。
 ろくに抵抗できない人間を大勢殺す。
 そんな存在だというのに。
 直前まで戦っていた相手に、命を狙っていた相手に……何故そんなことを言う?

「ちっ」
 悪態は、闇に溶けて消えていく。
 夜とはいってもこの地は十分暖かい。
 あてがわれた部屋でベットに転がって随分経つというのに、一向に眠気は訪れない。
 眠る事を諦めて、剣を手に取り外へと向かう。
 夜風にしばらく当たれば気晴らしになるだろうと判断して。

 空には煌々と輝く星々。時折吹く風が心地よい。
 敷地内をぶらぶらしつつ、結局は余計な事を考える羽目になる。
 何でこんなところにいるんだか。
 考えるまでもない。
 南下していく前線と共に移動して来たのだ。
 皇国の次の標的はこの国。
 戦地に赴くのは可笑しな事じゃない。
 可笑しいのは……大僧殿にいることか。
 約一年ぶりに『再会』したあいつのせいだ。
 怪我してたあいつをきまぐれに大僧殿まで運んでやれば、そのままどういうわけかここに居座る羽目になった。
 まったくどうかしてる。
 俺が魔族を……あいつを恨むのは当然の事だ。
 だが――
 大僧殿へと向かう俺達を必死になって追っていた数多くの魔族。
 殺りがいのありそうな奴らが、何故かあいつを追っていた。
 『随分ご執心のようだが……何をやったんだ?』
 そう問うたのは自分自身。
 答えがもたらされたのは少し後のこと。
 刺客が放たれていたのだと。
 他ならぬ、あいつの『父親』によって。
 頭を振って思考を追いやる。
 余計な事は考えなくていい。
 魔族を倒す事だけを考えていればいい。
 少なくとも、ここにいればその機会は多く得るだろう。
 上手くいけば皇国に攻め込む事も可能だ。
 そしてその時が来たならば……一族の敵を、あの男を討つ。
 決意を新たにし、そろそろ戻ろうかと思案した時。

 声が聞こえた。
 間違えるはずもない悲鳴。
 とても小さなものだったけれど。
「ちっ」
 まったく……本当にどうかしてる。
 踵を返し、悲鳴の元へと足を進めると、風をはらむ白いカーテンの向こうに、あの青色が見えた。

すいません。滅茶苦茶楽しかったです。名前まったく出てませんけど語り部はラシェです。
本当この作品大好きなんです! 誰かこの話題についてきてくださいませぬか~? (切望)

お題提供元:[もの書きさんに80フレーズ] http://platinum.my-sv.net/